心療内科の選択は慎重に!治療効果にも影響します

心療内科はドクターとの相性も気に留めて

今では一般的な診療科目となった心療内科ですが、初めて受診をお考えの方にとっては不安が大きいかもしれませんね。もし、複数の病院なり開業医があった場合、どちらが自分に合った病院なのかを見極めることが大切です。そして、受診し踏み切った際には、ドクターとの相性も大事な要素となります。心療内科では内服薬を処方される場合がほとんどですが、ドクターとの信頼関係が築けて初めて効果的な治療が期待できます。

人は誰しも疑いを持ったままでは人間関係は発展しませんね。これは患者とドクターの間でも同じです。ドクターを信じ素直な気持ちで受け入れることができれば、治療として良いスタートが切れますし、薬の効果も現れてくるのではないでしょうか。

ドクターと臨床心理士のいる病院がベター

開業医であれば、ドクター一人で診察している場合が多いようです。大体が予約制なので、概ね希望通りの時間に受診できると思います。ただ、診察時間は人によりまちまちなので、待つこともありますし、自分の診察が短縮されたような印象を持つこともあります。心が元気であれば感じないことでも、弱っているときにはネガティブに受け取ってしまうことも・・・

そこで重要になってくるのが臨床心理士がいる心療内科です。比較的長くお話しする時間があるのことで、心の内を正直に話すことができると思いますし、話すことにより気持ちが楽に晴れてくる場合もあります。臨床心理士のカウンセリングを受ける場合も、予約制を取っている場合がほとんなのでマイペースを保てますし、何よりこのマイペースが最も大事なのかもしれません。

心療内科を梅田で探して通院したいと思っている方は、多くの医療機関から選択しなければなりません。治療方針などは医者によるので自分に合う医療機関探しが大切です。